営業時間・定休日
営業時間

10:00-19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

06-6784-1009

 
FAX

06-6784-0855

 
住所

〒578-0912

大阪府東大阪市角田1-7-40(仮店舗にて営業中)

スタッフブログ

   
2018/07/01  おすすめ情報 
制動
 

ブレーキというのはタイヤと同じくらい大事なパーツです。

エンジンが壊れても走らないだけですが、ブレーキが壊れると止まりません。

アバルトにはグレードによりますが、最初からブレンボブレーキキットが装着されています。

φ305のドリルドローター、対向4ポットモノブロックキャリパー。

 

これは強力なブレーキシステムで、ペダルタッチの剛性感、制動力ともに十分です。

純正オプションなので、標準装備でないアバルトにも取付することができます。

※グレードによってはホイール交換が必要な場合があります。

 

ちなみにブレーキといえばブレンボは超有名ですが、実はイタリアのブランドなんです♪

 

ですが、せっかく変えるならもっといいブレーキキットもありますよ♪

ENDLESSのブレーキキットです。

こちらは何と対向6ポットキャリパー、φ332の2ピースローターの組み合わせです。

こんな小さくて軽い車体に6ポットなんて要らないという意見もあると思いますが、

実際に乗ってみるとブレンボとは全然違います^^

 

まず感じるのは踏力に対するリニアな効きです。

ブレンボは比較的初期制動が強く、踏み始めの安心感はありますが、

言い換えるとカックンブレーキと言ってもよく、街乗りなどでは少し気を遣います。

このブレーキキットは踏み始めから非常になめらかで、

「踏んだ分だけしっかり効く」と言った印象です。

 

また、キャリパーは2ピースですが鍛造ですので剛性感はブレンボ以上です。

ブレーキを踏んで「気持ちいい」と思ったのはこれが初めてかもしれません。

それくらい良いものでした。

 

ピストンが4本から6本になるため力が分散します。

そのため冷却性能も良く、サーキットで負荷をかけた時に違いが出ると思います。

パッドの当たり面が増えるため制動力も強まります。

ローター径も大きいため、ホイールの内側もキッチリ埋まります。

 

フロントブレーキが強くなり過ぎるのはどうなの?

というご意見もあるかもしれません。

しかしアバルトという車はフロントエンジン車です。

車重のおよそ7割がフロントに集中しています。

当然ブレーキをかけた時はそれ以上の荷重がフロントにかかります。

つまり、リアブレーキはそこまで重要でないといっても良いかもしれません。

 

あるいはリアブレーキをもう少し強く効かせたい場合には

ブレーキパッドを効きの強いものに交換されるのも一つの手ですが、

サスペンション自体を交換し、前後のロール(ノーズダイブ)量を減らすことで、

ブレーキングの際にもある程度リアに荷重が残ります。

そうすることで、ブレーキシステムに手を加えることなく、

リアのブレーキを生かしてあげることができると思います。

 

このブレーキキット、めちゃくちゃ良いです。

回し者ではありませんよ(笑)

お問い合わせをお待ちしております。

 

 
2018年07月(14件)
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
スタッフ
“H”
I.S
“M”
"S"
”S"
ページ上部に戻る