営業時間・定休日
営業時間

10:00-19:00

 
定休日

水曜日

 
電話番号

06-6784-1009

 
FAX

06-6784-0855

 
住所

〒578-0912

大阪府東大阪市角田1-7-40(仮店舗にて営業中)

スタッフブログ

   
2016/04/16  オーナーズボイス 
イタリア旅行記!
 

先日ご納車したお客様がイタリアにご旅行に行かれました!

その旅行記を頂きましたので一部ご紹介させて頂きます。

この度イタリア旅行に行ってきました。

折角なので、アルファロメオ博物館をメインに自分たちでプランを考えました。

1~2日目 関空からドバイ経由、そしてミラノへ

ドバイへ13時間の長時間フライト。ただ南回りということもあり、そして天気も良かったため、飛行機からの夜景は日本もユーラシア大陸もキラキラしていてとても綺麗でした。

ドバイには夜明けに着き、軽くお土産を買い、朝方イタリアに出発しました。

13時頃イタリアのマルペンサ空港に到着し、シャトルバスにてホテル近くまで移動。チェックイン後は移動疲れもあったが、付近の散策も兼ねて、夕食に出かけました。

ミラノ中央駅にあるレストランで本場のイタリアンを頂きました。そして、スーパーに行き、ホテルで楽しむための、お菓子やお酒を購入しました。

3日目 ミラノ散策 DUOMO見学

ホテルの朝食はビュッフェ式でした。コーヒーはとても美味しかったです。

この日はミラノ一番の観光地DUOMOへ行ってきました。ホテルから地下鉄で4駅。到着して地上に出ると目の前にDUOMO聖堂があり、圧倒されました。

ひとまずオシャレ発信地ミラノなので、ガッレリアを散策し、コスメ店や福屋をぶらり歩き。

そしてDUOMO聖堂内部へ。内部は窓がステンドグラスであしらわれていて、とても美しい。じっくり1時間ほど見学しました。

その後はカフェタイム。

一服したらDUOMO美術館へ。ここは数々の彫刻や古美術品が展示されていました。

日が暮れてきたころDUOMO聖堂屋上へ、入場にはセキュリティーチェックがとても厳しく時間がかかりました。屋上に上がれば夕暮れの街並みとゴシックの聖堂の屋根がマッチしていてとてもいい感じでした。ビル群も見えました。

ミラノを満喫した一日となりました。

4日目 アルファロメオ博物館へ。博物館が郊外にあるため、近くの駅まで行ってタクシーで行く予定でした。ホテルから地下鉄、乗換え1回20駅…。ようやくRho駅に到着。しかしタクシーがない…。バスはあったものの、2時間待たないと来ないという状況だったので、駅から徒歩で博物館へ行くことに。ルート検索で1時間半。とりあえず地道に郊外散策を兼ねて歩き始めることに。日曜日で工場地帯ということもあり、すれ違う人もいないくらい閑散としていました。

ただ、歩いていくと徐々に街並みが変わり、活気が湧いてきました。

そして歩くこと2時間。ようやく到着。

入場口から赤色でオシャレ。

近代的な入り口を通過しいよいよ見学へ。

いきなり4C Spiderがお出迎えです。

写真は撮っていないのですが、入場ゲートがありその前にはレースで使用された「75ターボ・エヴォルツィオーネ」がありました。その先には過去から現在までのエンブレムが飾られており、その向かい側には航空機エンジンも飾られていました。

エンブレムを横目に先に進むと、おしゃれなエスカレーターホールがお出迎え。

2Fへ上がると1910年から2007年までの車たちが年代順に展示されてました。

建物内は以外と広くとてもオシャレな造りで地上5階・地下2階あったようです。(後で知りました)

すべての展示物などをゆっくり写真を撮りながら見て回るのに2時間くらいかかり、4Dシアターでは遊園地のアトラクションに乗っているような体験もできました。

館内にアルファロメオカフェもあり、コーヒーで一服。

帰りはバスで駅までらくらく移動できました。バスも、土日はもちろんのこと平日も本数が少ないので要注意です。

無事にホテルへ到着し一日歩き続けたためすぐに疲れて寝てしまいました。

 

5日目 帰路

朝はゆっくり朝食をとり、チェックアウト。帰り道に宿泊していたホテルをパシャリ。

シャトルバスでマルペンサ空港へ。ドバイで乗り継ぎ、夜に日本に無事到着。

I様、とても楽しい旅行だったみたいで、後日ショールームに旅行で撮った写真をCDに焼いて持ってきてくださりました。

ありがとうござます!

 

 
2016年04月(6件)
          01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
スタッフ
“H”
I.S
“M”
"S"
”S"
ページ上部に戻る